頚椎捻挫の原因

原因

症状

治療

予防

頚椎捻挫の色々な原因

※「頚椎捻挫の原因とは?」からの続きです。

首にかかる大きな負荷
頚椎捻挫の主な原因は首が大きく、そして強く振られることです。ただし、原因はそれだけに限られているわけではありません。

他の要因で頚椎捻挫を発症することもあります。これもまた例を上げるとすれば、頭部であるとか顔面を何かに強く打ちつけてしまった時にも引き起こされることがあります。

また、何かしらの反動で首が大きく振られてしまったようなケースでも発症することがありますし、外から圧力がかかって強く首を捻る、あるいは打ちつけるなどの行為があった時なども頚椎捻挫を発症することがあるでしょう。


レジャーの接触自己にも要注意
上記のような状況に置かれることケースというのは、やはり交通事故や激しいスポーツ多いことから、頚椎捻挫の患者は圧倒的に交通事故やスポーツによって発症しているわけであります。

当たり前のことではありますが、交通事故やスポーツだけではなくても首を強く捻ったり、強く振ることで頚椎捻挫になってしまうことはあります

何かにぶつかったりするのは、なにも交通事故やスポーツだけには限りません。例えば、レジャーなどでの接触事故もあるでしょう。


また、転倒したり、悪意があるなしに関わらず突き飛ばさてしまうことも考えられます。そんなことが原因となって頚椎捻挫になってしまうこともあるということです。

頚椎捻挫になる危険性というのは、日常生活の中にも潜んでいることは認識しておいた方がいいかもしれませんね。



to TOP