頚椎捻挫の原因

原因

症状

治療

予防

頚椎捻挫の原因とは?

追突事故が原因の頚椎捻挫
頚椎捻挫とは、一般的には「ムチ打ち症」とか「ムチ打ち損傷」の呼び名で知られている自動車などの追突事故で引き起こされる首の骨、要するに頚椎関節の損傷のことです。

ところで皆さんは、スポーツが原因で頚椎捻挫が引き起こされることもあるということをご存知でしょうか?


実は意外と思えるほどスポーツが原因となって引き起こされるケースが多いのであります。

交通事故によって引き起こされる頚椎捻挫というのは、乗っていた自動車がぶつかった時のショックで首がまるで鞭のようにしなり、その時に重量のある頭部が強く、そして大きく振られることで、首の筋肉であるとか靭帯、そして関節が捻挫になって発症します


スポーツが原因の頚椎捻挫
それでは、スポーツが原因となって引き起こされる頚椎捻挫はどのようにして発症するのでしょうか?

何かしらのスポーツを行うことで引き起こされる頚椎捻挫のほとんどは、転倒時に受け身を取り損ねたり、相手とぶつかった時の衝撃が原因です

球技で例をあげるとすれば、サッカーやラグビーの試合中に相手チームの選手とぶつかった時に転倒して首を捻ることで捻挫の状態になることがあります。


また格闘技であれば、それこそ技をかけられて投げられた時に受け身に失敗することで、首を捻ったり、あるいは打ち付けることで頚椎捻挫を発症することがあります。

激しいスポツというのは充分に注意をしていても、やはりそれなりに危険と隣り合わせということになるんですね。

※こちらに続きます。
>>>頚椎捻挫の色々な原因



to TOP