頚椎症の手術

原因

症状

治療

予防

頚椎症の手術と後遺症

頚椎症の手術という選択肢
頚椎症を完治させるための治療方法には手術という選択肢があります。

頚椎症を根本から治すことができるのであれば「手術もありかな」などと考えている方もいらっしゃるかもしれませんね。


しかしながら、その手術の対象となるのは何と言っても首という実に繊細な部位でもあるわけですから、二つ返事で「はい、それでは手術をお願いします」などと安易に応じることはできませんよね。

首は多くの方がご存知の通り、身体全体の機能をコントロールするための重要な役割を果たしている神経であるとか血管が密集して通っている場所でもあります。


後遺症の可能性
もし万が一にでも手術が行われている時に、神経を損傷するような事があれば最悪の事を考えれば手足の麻痺が一生残ってしまうような後遺症の可能性を否定することはできません。

このようなことになったら、手術したことを悔やんでも悔やみきれない事態になってしまうことでしょう。


ただそうは言いながらも、やはり頚椎症に対しては手術による治療は大変有効な方法なんですね。元々頚椎症とは、首にある軟骨などが内側に飛び出してしまって、中を通っている神経を圧迫することで色々な症状が現れてくる病気です。

したがいまして、その症状の原因となっている圧迫を手術によって取り除くことは非常に理にかなった治療方法なんですね

頚椎症に限らず神経の圧迫によって引き起こされる病気は、多くの場合その圧迫から開放して上げることで大きく改善することになります。


※こちらに続きます。
>>>頚椎症手術の費用と入院期間



to TOP