頚椎症の検査

原因

症状

治療

予防

頚椎症の検査方法とは?

早期発見が大切です
多くの場合頚椎症という首の疾患は、年齢からくる頚椎の衰えが原因となって引き起こされます

ということは誰だってある程度の年齢に差し掛かれば頚椎症になってしまう可能性が出てくるわけですね。

けっして頚椎症に限った話ではありませんが、病気というものはできるだけ早期に発見して早期に治療を開始することが寛容なのは誰もが認めているとことでしょう。

頚椎症も同様なわけであります。


スパークリング検査とジャクソン検査
何らかの疾患を見つけるためには検査をする必要がありますよね。ここでは頚椎症の検査について取り上げてみたいと思います。

頚椎症の検査は、まず問診から始まります。これはどんな病気の検査でも同じことですね。

問診が行われた後に実施された後、スパークリング検査やジャクソン検査と呼ばれる検査が実施されます。両者ともに身体的所見に関わる検査になります。


【スパークリング検査】
スパークリング検査で実施される具体的な内容は、まず首を横にかしげた状態にするところから始まります。この状態で頭部を圧迫して、上腕部に痛みが自覚できるかどうかを調べます。

次に上を向いた状態に姿勢を変えて、その際に頭を押して痛みがあるかどうかを調べます。


【ジャクソン検査】
ジャクソン検査では、首を後ろに軽く曲げた状態にします。この姿勢の時に頭部を圧迫してみて上腕部に痛みが自覚できるかどうかの確認を行います。

前述下方法とは別の検査方法もあります。それは両手を使って簡単に実施できる方法です。


※こちらに続きます。
>>>色々な頚椎症の検査方法



to TOP