頚椎症予防の姿勢

原因

症状

治療

予防

正しい姿勢を意識しましょう

※「正しい姿勢で頚椎症を予防する」からの続きです。

意識をすることが大切です
正しい姿勢が健康に良いと言われているわけでありますが、実際に実行してみるとお分かりいただけると思いますが、ピンと背筋の伸びた正しい姿勢を維持するというのはなかなかの苦行です。

このような姿勢で一日中過ごすというのは難しいと思います。ただ、正しい姿勢をいつも意識して自分の姿勢のことを気にかけることで姿勢を正す習慣をつけると良いと思います

基本となる正しい姿勢がよくわからない場合は、整体師に相談するという方法もあります。仮に整体師に身体を調整してもらいますと、ご自身の身体の歪み具合を実感できるかもしれません。


悪い姿勢からくる頚椎症
ところで、ある20代事務職の女性の事例を見てみますと、この方の仕事内容は一日中パソコンに向かい合っての入力業務だそうです。

そして御多分にもれず長年に渡って肩コリに悩まされて、その後更に症状がひどくなって頭痛までするようになってしまったということです。

あまりに肩コリと頭痛が酷くなってしまい、病院に行って診察してもらったところ「頚椎症」と診断されたそうです。これは長期間に渡たって悪い姿勢を撮り続けた結果、肩コリから頚椎症にまで悪化してしまったということですね。


この方の頚椎の状態は、あろうことか首が通常とは異なって反対方向に曲がってしまっているということです。また、診断された結果に心理的な影響を受けたのかどうかはわかりませんが「そもそも体が曲がっているような気がする」と訴えているということです。

ここに至るまで我慢し過ぎた結果なんでしょうね。もっと早く病院に行っていればそこまで悪化しなかったはずなんですけど・・・。

ちなみにこの方は、低周波と牽引を行っているそうです。



to TOP