頚椎ヘルニア治療で有名な病院

原因

症状

治療

予防

頚椎ヘルニアの治療で有名な病院

※「頚椎ヘルニアの保存療法と手術」からの続きです。

頚椎ヘルニアを一度発症しますと、完治させることが困難であることに加えて長期化する闘病生活にも苦しめられてしまうこともある病気なのです。

ただ、医療の技術というものも日進月歩の勢いなわけでありまして、そんな最新の医療技術を採り入れている病院で治療を受けたいと誰もが願うことだと思います。

頚椎ヘルニアの治療というものに、積極的に取り組んでいる病院をここでご紹介しておきます。

【頚椎ヘルニア治療で有名な病院】
◆東京女子医科大学病院(東京都)
◆西島脊椎クリニック(東京都)
◆聖隷佐倉市民病院(千葉県)
◆豊科赤十字病院(長野県)
◆労働者健康福祉機構 長崎労災病院(長崎県)


こちらの病院には、椎間板ヘルニアにおける名医とも呼ばれている医師の存在があります。


そんな中でも特に注目したいドクターは、西島脊椎クリニックの西島雄一郎先生です。

西島雄一郎先生は、いわゆるゴッドハンドと称されるほどの名医でありまして、治療を希望する患者さんは日本全国から来院するほどです。そのために、診察の予約は1年先まで一杯だということです。

※西島雄一郎先生は2012年、健康上の理由で一線を退かれていらっしゃいます。現在は同じ場所で、西島脊椎クリニックの技術と精神を継承した「清水脊椎クリニック」が開院されています。


その他にも聖隷佐倉市民病院の南昌平先生がいらっしゃいます。南昌平先生は、頚椎ヘルニアのスペシャリストとして名高いドクターです。

以上の方たち意外にも、名医と言われるドクターがいるはずです。また、頚椎ヘルニアに積極的に取り組んでいる病院も案外と存在しておりますので、ネットなどで調べてみれば皆さんのお住まいの近くにも良い病院が見つかるかもしれませんね。



to TOP