頚椎ヘルニアの保存療法と手術

原因

症状

治療

予防

頚椎ヘルニアの保存療法と手術

長期化する治療
頚椎ヘルニアという病は中々厄介な疾患でありまして、一度発症しますと完全に治しきるのが難しいのが現実であります

それに加えて、闘病生活も長期化することもあって長きに渡り頚椎ヘルニアに苦しめられることもありがちなのです。


また、頚椎がヘルニアになっていますと交通事故等で首にショックが加わった時に、正常な方よりも簡単に髄核が飛び出てしまうこともあるわけです。

それは、例えば転んだ場合でも起きうることなのです。最悪のケースでは、四肢麻痺となってしまうことだってあるでしょう。


頚椎ヘルニアの治療におきましては、でき得る限りの良い方法を選択したいものです。

ということになりますと、ここはやはり良い病院であったり、名医と言われる方に治療をお願いしたいと誰もが思うことではないでしょうか。


色々な治療方法
頚椎ヘルニアの治療方法というのは、大きく分けて保存療法と手術があります。保存療法にもいくつかの種類がありまして、固定療法、温熱療法とマッサージ療法、薬物療法などがあります

※参考記事
>>頚椎ヘルニアの治療方法〜保存療法〜<<
>>頚椎ヘルニアと牽引療法<<

頚椎ヘルニアの治療における手術は、それほど昔のお話ではありませんが切開による方法が主流となっておりました。

それに対しまして今の時代は、多くの場合においてレーザーや内視鏡手術が行われることになります。

※参考記事
>>頚椎ヘルニアの治療方法〜手術〜<<

このような手術であれば、入院の必要もなく日帰りすることができますので、患者にかかる負担もかなり軽くなっていると言ってよいでしょう。


※こちらに続きます。
>>>頚椎ヘルニアの治療で有名な病院



to TOP