頚椎ヘルニアの手術

原因

症状

治療

予防

頚椎ヘルニアは手術で完治する?

※「頚椎ヘルニアの手術は危険?」からの続きです。

完治しないケースもある
頚椎ヘルニアが悪化して、保存療法では限界がある場合には、手術という方法も考慮しなければならないこともあるでしょう。

しかしながら、頚椎の周りには大切な神経がたくさんありますので、かなり難しい手術であると言われているわけです。

また、そんなリスクを考えながら覚悟を決めて手術を施してもらっても、現実には痺れが残っているというケースもあります。


ということで全ての症状がなくならない、完治していないということが多々あるわけです。

手術のことを考えるのであれば、このことはしっかりと頭に入れておく必要がありますね。


手術実績のある医師に依頼すること
以上のことを充分に考えながらも尚且つ、苦しくて早期に症状の緩和を希望することもあるでしょう。

また、現状のままでは危ない状態にまで進行する可能性が考えられるときには、手術を選択せざるを得ないということもあります。

それにすぐにでも手術を実施しなければ、危険だという事態だってあるわけです。


実際に手術をするということであれば、高い技術を持っている医療機関で診察してもらい、実績のある医師にお願いすることがリスクを最小限に抑える方法ということになります。

頚椎ヘルニアの症状が進行して、手術という選択肢が現実のものとなってきた場合には、事前に専門の医療機関や専門医、手術実績のある医師をご自身でしっかりと調査しておくことも非常に大切なことなのです。


頚椎ヘルニアと闘っていくということは、このようなことまで考える必要があるのだと思います。



to TOP