頚椎ヘルニアの手術

原因

症状

治療

予防

頚椎ヘルニアの手術は危険?

手術は最終的な手段
頚椎ヘルニアという病は、悪化してしまいますと痛みや痺れが酷くなって毎日の暮らしにも影響を及ぼすこともあります。

このような状態では、普通に生活することはできなくなってしまうかもしれません。


症状がここまで進行して、保存療法を行っても改善が望めないと医師が判断した時には、手術という方法も視野に入れなければならないかもしれません。

これは、あくまでも最終的な手段ということになります


それではこの頚椎ヘルニアの手術というものは、実施することによって本当に治るものなのでしょうか?手術することで完治するんですか?


非常に難しい手術
そもそも頚椎ヘルニアの手術というものには、症状の原因となっている神経を圧迫する飛び出した髄核を直接除去する方法と、脊柱管を広げて圧迫を軽減させるという方法があります。

・・・などと言葉にして表現するのは簡単なことです。

しかしながら、頚椎の周りには非常に重要な神経がたくさんあるわけなのです。少しでも傷つけてしまったら大変なことになるのは想像できますよね。


ということで頚椎椎間板ヘルニアの手術は、非常に難しいというのが現実です。

どのようなアクシデントが考えられるのかと申しますと、脊髄や神経を傷つけてしまった場合には、身体が麻痺してしまうこともあり得ます


また、頸動脈や食道が傷ついてしまう、あるいは感染症などを引き起こすということもあります。このように危険な合併症に、陥るという可能性もかなりあるということなのです。


※こちらに続きます。
>>>頚椎ヘルニアは手術で完治する?



to TOP