頚椎ヘルニアの症状

原因

症状

治療

予防

頚椎ヘルニアと歩行障害

※「頚椎ヘルニアの症状」からの続きです。

具体的な症状
頚椎ヘルニアは、正式には「頚椎椎間板ヘルニア」というわけですが、この疾患は、人体の中でも大切な神経が集中的に通っている頚椎の椎間板がヘルニア状態になってしまうわけです。

そのようなことから、頚椎ヘルニアになってしまいますと色々な症状が出てきてしまうわけなんですね。

それでは具体的にどのような症状が現れるのでしょうか?


頚椎ヘルニアを発症しますと、頭痛や首、肩、上肢などの痛み、手や指、さらには下肢の痺れ、全身の脱力感、歩行障害、めまい、耳鳴り、吐き気などの症状が現れます。

もちろん全部が一遍に出てくるわけではありませんよ。全部の症状が同時に出てしまったら、辛すぎますよね。


ちょっとした異変から始まる
ただ、これらのような症状に該当するものがたくさんある場合は、頚椎ヘルニアを発症している可能性が高くなりますから注意が必要です。

頚椎ヘルニアと言いましても、軽度であれば首の様子がいつもと違うように感じたり、特定の姿勢や負荷をかけてしまった時に、ピリッっとする神経の痛みを覚えるくらいで治まることもあります。


しかしながら、頚椎ヘルニアの症状が進行しているような場合には、足に運動障害が起きてしまい、歩くことさえできなくなってしまうことも考えられます

もし仮に、痛みや痺れが継続して現れて、日々の生活にも影響が出ているようであれば、悪化して歩行障害等が現れる前に、早めに病院に行って診察してもらいべきだと思います。



to TOP