頚椎ヘルニアの治療

原因

症状

治療

予防

頚椎ヘルニアの治療方法〜手術〜

※「頚椎ヘルニアの治療方法〜保存療法〜」からの続きです。

難しい手術
頚椎ヘルニアの治療方法には大きく分けまして二つの方法があります。それは「保存療法」と「手術」ということになります。

仮に頚椎ヘルニアの病状が歩行障害のように下肢にまで及んでいたり、あるいは保存療法を実施しても症状が改善されなければ手術が必要となることもあるでしょう。

もちろんこのような判断は、医師がすることになります。


ただ頚椎ヘルニアの手術は大変難しいものがありまして、
神経や脊髄を損傷してしまう危険性をゼロにすることはできません

そんなことになりますと、障害が残ってしまうという事態にもなりかねません。

もちろん病状の痛みによっては、リスクを承知で手術を希望することもあるでしょう。手術を実施するということは、以上のような危険が伴うということを充分に考慮しておかなければいけませんね。


早期治療は保存療法で改善可能
頚椎ヘルニアという疾患は、早期に治療を開始することができれば多くの場合、
保存療法で症状を改善することができます


頚椎ヘルニアに限りませんが、病気というのは早期発見・早期治療がとても大切なことです。早期に治療を始めることが出来るようにするためにも、頚椎ヘルニアかもしれないなどと疑問に感じる時はできるかぎり早めに整形外科で診察してもらうようにしましょう。


自分で何とかしようなどと、自分流のストレッチなどを行って反対に事態の悪化を招くことも多々あります。

繰り返しになりますが、頚椎ヘルニアは早期治療がとても大切なことなのです。



to TOP