頚椎ヘルニアの治療

原因

症状

治療

予防

頚椎ヘルニアと漢方による治療

※「頚椎ヘルニアと漢方」からの続きです。

漢方では淤血が原因と認識
漢方では頚椎ヘルニアは、淤血(おけつ)が原因という考え方です。

淤血とは、血液の粘度が高くなってしまって血行が悪くなった状態のことです

血行の悪化で血液循環がスムーズに行われなくなりますと、新鮮な酸素や栄養が不足してしまいます。

そのような状況下では細胞の働きが正常に機能しませんので様々な疾患の要因となってしまうわけです。


以上のような淤血が引き金となって神経に異常が出てしまい、痺れや痛みなどの症状となって現れてしまうのが頚椎ヘルニアに対する漢方の捉え方になっております。

中でも長期に渡って頚椎ヘルニアに悩まされているような方のケースでは、血液に流れが滞ってしまった結果澱んでしまい、血液本来の役割が果たされていないという状況にあるわけです。

そのような状況を打破するために漢方では、淤血を取り除いて新鮮な血液が流れるようにすること。さらには淤血を引き起こしてしまう体質を改善することを目的としております。


漢方で良くなった人もいる
実は痛み止めやブロック注射で効果の上がらなかった患者さんの中には、漢方で良くなったという方が実際にいらっしゃるのです。もちろん全ての人ではありませんよ。

一般的によく用いられる漢方薬としましては、「冠元顆粒」「独歩丸」などがあります。実際に試してみようという方は、漢方医とよくく相談した方がいいと思います。


先ほども少し触れましたが、このような治療方法は全ての人に対して有効であるとは言えません。人それぞれに個人差がありますので、例えば整体や運動療法で効果のある人もいらっしゃいますので、様々な方法を行ってみると良いでしょう。



to TOP