隠れ頚椎ヘルニア

原因

症状

治療

予防

隠れ頚椎ヘルニアの患者


頚椎ヘルニアという病気とは?からの続きです。

激しい神経痛が症状
頚椎と頚椎の間にあって、クッションの役割を担っている椎間板が何らかの原因によって飛び出てしまい、骨と骨が直接的に接触してしまう状態が椎間板ヘルニア、正式には頚椎椎間板ヘルニアなのです。

そのような状態になってしまいますと、骨と骨が直接接触することになるわけですから、
骨の表面に存在する神経が刺激されて電気が走るような激しい神経痛が症状として現れてしまうわけです。


よく神経を逆なですると言うではありませんか、それをまさに地で行くようなものなわけです。

話を聞いているだけでも、神経がビリビリとした痛みが伝わってきそうですよね。

このような痛みはヘルニアが脊柱管を走る「脊髄中枢神経」、あるいは頚椎左と右に走る「頚椎神経」を圧迫してしまうことで引き起こされる神経痛です。


隠れ頚椎ヘルニア
もし仮に、頚椎ヘルニアが軽度ということであれば、神経が圧迫されることもありませんので
神経痛という症状が現れないこともあります

そのような事情から、ご自身が自覚症状を持たない「隠れ頚椎ヘルニア」の患者がたくさん存在すると言われております。


しかしながら、頚椎ヘルニアという疾患は進行していきます。そのまま放置しておきますと徐々に、あるいは急激に悪化してしまうかもしれませんので、少しでも異変を感じたり違和感があるのであれば病院に行って診察してもらうことをおススメします。

電気が走るような激痛なんて、誰だって経験したくありませんものね。もし心当たりのある方は、早めに対応しましょう。



to TOP