頚椎ヘルニアとは?

原因

症状

治療

予防

頚椎ヘルニアという病気って?

首の凝りと痛みを感じませんか?
首が凝るというご経験は多くの方がお持ちではないでしょうか?それに加えて痛みは感じませんか?そして指先が痺れてしまうという・・・。

そんな症状が、今現在も現れているのであればそれはもしかしたら「頚椎ヘルニア」かもしれませんね。


この頚椎ヘルニアという病気の正式名称は「頚椎椎間板ヘルニア」となっておりまして、
頚椎の椎間板がヘルニア状態になってしまう疾患です。

病院に行きますと、X線検査やMRI、CT検査などの検査を行って診断してくれます。


多くの神経が通る大切な頚椎
頭蓋骨を支えていて、全部で7個で構成された背骨の中の首に該当するところにある骨が頚椎ですが、ここには人の体の中でも極めて大切な神経が多数通っている重要な場所であると言えます。

そして椎間板とは、頚椎と頚椎の間に存在しておりまして、これはクッションの役割を担ってくれております。


ヘルニアというのは「体のある組織が、本来位置すべき場所から突出したり、はみ出してしまっている状態」を指している用語です。

以上のことをつなぎ合わせた状態が椎間板ヘルニアです。ということは、背骨の中にあって頭蓋骨を支えている首の骨で、その中にはたくさんの神経が通っている大切な場所のクッションの役割を担っている椎間板が突出した状態になっているということです。


頚椎椎間板ヘルニアになってしまいますと、従来であれば緩衝材の役割を担ってくれていた椎間板が機能停止状態に陥ってしまいますので、当然骨と骨が直接擦れてしまうことになります。


※続きはこちら
>>>隠れ頚椎ヘルニアの患者



to TOP