頚椎ヘルニアの原因

原因

症状

治療

予防

頚椎ヘルニアの外的要因

むち打ち症から頚椎ヘルニア
頚椎ヘルニアの原因で、まず取り上げられるのは加齢ですが、そのような老化以外にも外的要因が考えられます。

例えばむち打ち症などは、よく耳にする言葉だと思いますが、むち打ち症は外部からの急な力を受けて発症します。

また、仮に傷や圧力が小さくても時間をかけて徐々に進行してヘルニアになってしまうこともあります。


パソコンの長時間労働
ところで近年では、30歳代という若い年齢の人でも頚椎ヘルニアになってしまうケースが増加中です。

若くして頚椎ヘルニアになってしまう人に共通しているのは、姿勢の悪さと運動不足です。そのような人たちの仕事内容としましては、パソコンでの長時間労働ということが多く見られます。

パソコンでの仕事は、無意識のうちに前かがみになってしまうという悪い姿勢が続きます。そのような悪い姿勢が長時間ということになれば人の体に異変が現れてくるのは当然のことではないでしょうか?


このようにして頚椎ヘルニアを発症することもありますので、パソコンで仕事をされる方はご注意いただきたいと思います。

頚椎ヘルニアは、発見が早ければ早いほど治療期間も短くてすみます。けっして頚椎ヘルニアという病気だけに限りませんが、病気というものは早期発見早期治療はとても大切なことです。

長期間の闘病生活を望む人は誰もいませんよね。


そのようなことにならないためにも、首に痛みを感じる、あるいは違和感を感じるようであれば早急に病院に行って専門医の診察を受けるようにしてください。


【関連記事】
頚椎ヘルニアの原因



to TOP