頚椎ヘルニアの原因

原因

症状

治療

予防

スポーツや事故で頚椎ヘルニアに

若い人にも増加傾向
頚椎ヘルニアを発症する多くの原因は加齢によるものですが、最近は二十代の若い人たちまでが発症するケースが増えているそうです。

加齢から発症する頚椎ヘルニアの場合は、頚椎が老化することによって引き起こされますが、二十代の人が発症する原因にはパソコンのデスクワークによる、長時間の前屈みという無理な姿勢が原因となっているわけなんですね。


それ以外の要因としましては、激しいスポーツのやり過ぎや事故に遭うことによる、むち打ちというショックを受ける外的な要素も原因になります。

このような外から加わる要因は、全部の人に該当するわけではありませんが、長時間のデスクワークで座りっぱなしの人や、ぶつかるなどして激しいショックを受けるようなスポーツを続けているような方は、頚椎ヘルニアになってしまう危険性が大きくなってしまうと言えるでしょう。


頚椎への負担を避けましょう
生きている限り人は皆、年を取ってしまいます。こればっかりは、誰も避けて通ることはできません。ただし、老化を遅らせることは工夫をすればできますけどね。

しかしながら先に述べたような、ご自身が注意すれば避けることができることは、ご注意いただきたいと思います。頚椎に負担をかけることって、生活習慣を振り返れば分かりますよね。


また日常生活におきまして、すでに痛みや違和感があるような自覚症状を感じるのであれば、速やかに病院行って診察してもらうことをおススメします。

治療の開始が早ければ早いほど、その期間も短くなりますし、少なくとも病気の進行は遅らせることができます。


【関連記事】
なぜ頚椎ヘルニアになるの?



to TOP