頚椎ヘルニアの治療

原因

症状

治療

予防

ストレッチの具体的な方法

治療や予防に効果的なストレッチ
頚椎ヘルニアの予防や治療を目的としてストレッチを行うことは、とても有効なことです。

ストレッチの際、血行のよくなる入浴中や入浴後に行うと、より一層効果的でしょう。


※こちらをご参照ください。
>>>頚椎ヘルニアとストレッチの効果


ストレッチは無理をしないように気をつけて、また動的に反動をつけながら筋を伸ばすバリスティックストレッチのような勢いをつけないのがポイントです。

ストレッチは毎日継続して行いますと少しずつ効果が現れてきます


さてここでは、頚椎ヘルニア対策のストレッチについて具体的にご説明してまいりたいと思います。

◆額に両手をあて、その手に額を強く押しつけます。この動作を数回繰り返してください。

◆首を鎖骨に触れるくらいまで、ゆっくり倒して数秒間キープしてからゆっくり戻してください。この動作を数回繰り返します。

◆首を左肩に向けて傾け、数秒間キープしてからゆっくり戻します。そして次は右に傾け、数秒間キープします。この動作を数回繰り返します。

◆限界まで右の方を向てから、ゆっくり戻します。そして次は左方を向きます。

◆ゆっくり左周りで首を回してから、今度は反対に右回りで回します。

以上のような方法以外にも、ネット上では色々なストレッチの方法が紹介されております。

ただ、予防の場合はともかくとして頚椎ヘルニアの治療の一環としてストレッチを行うのであれば、専門医には相談した方が良いでしょう。


自己流で行うことは、症状を悪化させることになるかもしれませんので避けた方が賢明です。

また、ストレッチというものはすぐに効果が現れるわけではありません。毎日継続することが大切です。「継続は力なり」と言うではありませんか。


そもそも筋肉は鍛えないと衰えてしまうものです。治療や予防のためにもぜひ行ってみてはいかがでしょうか。



to TOP