頚椎ヘルニア

原因

症状

治療

予防

頚椎ヘルニアとストレッチの効果

予防と治療の効果があります
頚椎ヘルニアというのは、四十歳を過ぎた人であればどのような方でも発症する可能性のある病気と言うことができます。例え手術をしたとしても、痺れが残るというようなケースもけっして少ないことではありません。

さらにはとても再発しやすい病気ですから、予防はとても大切なことなのです。

例えば四十歳を過ぎた人が予防を目的として、あるいは既に頸椎ヘルニアを発症している人は治療の 一助としてストレッチを行うことは、それぞれの目的に対する効果を期待しても
良いでしょう。

ストレッチを行うことで、患部を伸ばしたり縮めたりする運動の効果により、
緊張した筋肉がほぐされて血液循環もよくなり、筋肉も鍛えられます


痛みを我慢しないこと
ただしここで注意すべきことは、痛みを我慢してストレッチを行ってはいけないということ。
痛みを我慢して行うのではなくて、痛みを感じないくらいの強さでゆったりと、そして気持ちが良いと思うことができるくらいの範囲で行いましょう。


痛みを感じますと、やはり人間は身構えてしまいますし、その分緊張してしまうのは自然の
成り行きです。

ということでゆっくりとした深い呼吸を心がけながらリラックスしてストレッチすることが
ポイントになります。

また、お風呂に入りますと血行が良くなりますし患部も温まりますので、入浴中や入浴後に行った方がより一層の効果があると言えるでしょう。


※こちらをご参照ください。
>>ストレッチの具体的な方法<<



(最終更新日:



to TOP